仙台市の南東に位置する名取市。そこで古くからの漁港として栄えた町「閖上(ゆりあげ)」。
この町を地元の小学生たちが調べました。ここでは,閖上の様々なポイントを子供たちの視点からご紹介します。

あなたはCounter人目のお客様です。
 


*閖上−

「閖」という字は,辞書に載っていない珍字です。
 古来この地は,「浜にいかだに乗った観音像が揺り上げられた」との伝説から,「ゆりあげ浜」と呼ばれていました。
 後の仙台藩主 四代伊達綱宗公が,仙台市の大年寺に参拝の帰り,山門内からはるか東方に,海岸の波打つ浜をご覧になり,家臣のものに地名を尋ねたところ,「ゆりあげ浜」とはいうもののその漢字がないことを知りました。
 そこで,「門の中から水が見えた故に,今後,門の中に水と書いて閖上(ゆりあげ)と呼ぶように」とのお言葉で,「閖」という珍字が誕生したとのことです。